CATEGORY

極み

本煉羊羹

桃林羹(とうりんかん):厳選した赤小豆を漉し餡にし、しっかりと火を入れ(加熱)し、練りこんだ、「本煉り羊羹」で […]

小鯛焼

桃林堂の小鯛焼は姿は小さくても、中には「おめでとう」や「ありがとう」の気持ちの代わりに、丹波大納言粒餡が頭から […]

もなか大坂

桃林堂の創業以来、道標を模した細長い形のお菓子、口に運びやすく、香ばしい皮としっとりとした丹波大納言の味が楽し […]

あん玉

丹波大納言粒餡や備中白小豆粒餡をそれぞれ用いて、一口たべると小豆本来の味と香りが口いっぱいに広がる、粒餡好きな […]

>風土菓 桃林堂について

風土菓 桃林堂について

1925年に大阪府八尾市で創業。翌1926年には上野店(東京都台東区)、1979年には青山店(現在の青山本店。東京都港区)と東京都内に2店出店。2009年から17年にかけて、八尾市内に3店舗出店(JR八尾駅前店・近鉄八尾駅前店・近鉄山本駅前店)し、現在に至ります。

CTR IMG